グーグル地図について

グーグル地図はGoogleMapのAPIを使ったPC・スマートフォン・タブレットで楽しむことができる地図検索サービスです。グーグルマップで検索した地図をブログやサイトに埋め込んだり、カテゴリ別で紹介している世界の絶景、観光地、海の中などをストリートビューでかんたんに見ることができます。GoogleMapとストリートビューは、一度も行ったことのない世界の景色や自然、街の中をインターネットでかんたんに楽しめるサービスです。GoogleMapに関する修正や登録の依頼、ご質問ではメニューの「グーグルマップの修正」で案内しています連絡先へお問い合わせください。

グーグル地図の使い方

グーグル地図の使い方は下記の案内になります。

住所・地名の検索 ■カテゴリの検索 ■ストリートビュー ■ストリートビューの埋め込み ■地図の埋め込み

住所・地名の検索

住所・地名の検索

(1)テキストボックスに住所や観光地、駅名を漢字・ひらがな・カタカナ・英語を入力して検索できます。
 例:「東京都○○町」「○○駅」「japan」など

(2)入力後に検索をクリックすると該当する場所の地図が表示します。表示した後のマップ移動は地図をドラッグするか、地図上を一度クリックして方向キー[↑↓→←]で動かします。

(3)地図の表示は縦の大きさが変更できます。ご利用の環境や端末にあわせて(3)の(+・−)で見やすいサイズに切り替えます。

(4)地図の表示はロードマップと航空写真に切り替えることができます。切り替えは地図右上(4)の「地図」「航空写真」を選択します。また「地図」の中の(地形)「航空写真」の中の(ラベル)のチェックを変更しても表示が変わります。

(5)地図の右下にある人型のアイコン(ペグマン)ペグマンの下にある(5)の[+][-]は表示場所の拡大と縮小です。航空写真では拡大すると何も見えない場所があるので、その時は(5)の[+][-]で調整するか地図の表示を切り替えます。人型のアイコン(ペグマン)はドラッグして掴むとストリートビューが見れるエリアが地図上に色付きで表示します。そこから見たい場所にドロップするとストリートビューが表示します。詳しくはトップページの「地図の使い方」を確認してご利用ください。

(6)地図の上にある「MAP」「写真 MAP」のボタンは見ている場所を別ページで開くことができます。探した場所をメールやSNSで案内したいときはページのアドレスを送ったり、SNSボタンでかんたんに紹介ができます。是非、ご利用ください。

(7)地図の左下にある「Google」ロゴは見ている場所のGoogleMapに直接リンクしています。検索した場所をマイマップやナビゲーションの目的地に登録したいときは「Google」ロゴをクリックしてGoogleのアプリやマイマップなどを利用してください。

カテゴリの検索

カテゴリの検索

(1)「1.カテゴリを選択してください」の中から好きなタイトルのカテゴリを選びます。

(2)カテゴリを選択すると「2.案内スポットを選んでください」の中のリストが切り替わるので、好きな案内スポットを選びます。表示した場所のマップ移動は地図をドラッグするか、地図上を一度クリックして方向キー[↑↓→←]で動かします。
※先にカテゴリを選択しないと案内スポットは選べません。

(3)地図の表示は縦の大きさが変更できます。ご利用の環境や端末にあわせて(3)の(+・−)で見やすいサイズに切り替えます。

(4)地図左上の「地図」「航空写真」でロードマップと航空写真に切り替えることができます。カテゴリ選択で検索する場合は航空写真で楽しめる場所が多いため、選んだカテゴリによって自動で切り替わる場合があります。また「地図」の中の(地形)「航空写真」の中の(ラベル)のチェックを変更しても表示が変わります。

(5)地図の右下にある人型のアイコン(ペグマン)ペグマンの下にある(5)の[+][-]で表示場所の拡大と縮小ができます。案内スポットで見にくい場所などがあれば(5)の[+][-]で調整します。航空写真では拡大すると何も見えない場所があるので、その時は(5)の[+][-]で調整するか地図の表示を切り替えます。人型のアイコン(ペグマン)はドラッグして掴むとストリートビューが見れるエリアが地図上に色付きで表示します。そこから見たい場所にドロップするとストリートビューが表示します。詳しくはトップページの「地図の使い方」を確認してご利用ください。

(6)地図の上にある「MAP」「写真 MAP」のボタンは見ている場所を別ページで開くことができます。探した場所をメールやSNSで案内したいときはページのアドレスを送ったり、SNSボタンでかんたんに紹介ができます。是非、ご利用ください。

(7)地図の左下にある「Google」ロゴは見ている場所のGoogleMapに直接リンクしています。検索した場所をマイマップやナビゲーションの目的地に登録したいときは「Google」ロゴをクリックしてGoogleのアプリやマイマップなどを利用してください。

ストリートビュー

ストリートビュー

(1)「地名・住所の検索」「カテゴリ検索」で、ストリートビューが見れる場所では付近の景色や建物を見ることができます。(1)のストリートビュー「ON」「OFF」で表示を切り替えるか、人型のアイコン(ペグマン)をドラッグして掴むとストリートビューが見れるエリアが地図上に色付きで表示するので、見たい場所にドロップします。
「ON」「OFF」は地図上にストリートビューの表示がなければ、何も表示しないか、前の場所のストリートビューが残る状態で表示します。

(2)ストリートビューを「ON」にするとストリートビュー表示サイズのボタンがでます。ご利用の環境や端末にあわせて(2)のSize(+・−)で見やすいサイズに切り替えます。
※小さいサイズから大きいサイズに切り替えると画像がきれている場合があります。その時は地図やストリートビューを操作すると最適になります。

(3)地図上のペグマンをドラッグ&ドロップで動かすとストリートビューも連動して移動します。ストリートビューの表示ができない場所にペグマンを移動するとストリートビューの表示が消えます。

(4)ストリートビューの右下にある方位キーで見ている方向を変えることができます。他にもストリートビュー画面をクリックしてキーボードの方向キー[↑↓→←]を押すか、まわりの円ラインをドラッグしてもぐるっと方向転換ができます。

(5)ストリートビューの右下にある[+][-]で表示場所の拡大と縮小ができます。絶景スポットや案内しているストリートビューで見にくい場所があれば(5)の[+][-]を調整します。

(6)ストリートビューの中央下にある(6)の矢印でストリートビュー内を移動します。矢印の移動以外にも進める場所は四角や丸の薄い白パネルが表示するので、それをクリックするか、ストリートビュー画面を一度クリックしてキーボードの[シフトキー]を押しながら方向キー[↑↓→←]を押すと移動できます。

(7)地図の上にある「MAP」のボタンで見ている場所を別ページで開くことができます。探した場所をメールやSNSで案内したいときはページのアドレスを送ったり、SNSボタンでかんたんに紹介ができます。是非、ご利用ください。

(8)ストリートビューの左下にある「Google」ロゴは見ている場所のGoogle Earthに直接リンクしています。付近の写真や情報を詳しく知りたいときは(8)の「Google」ロゴをクリックします。

ストリートビューの埋め込み

ストリートビューの埋め込み

(1)グーグルマップのキーワード検索やカテゴリ検索で見つけた地図やストリートビューの地図をブログやサイトに埋め込むことができます。グーグル地図ページの(1)「地図の埋め込み編集」をクリックすると編集画面が開くので、希望のサイズや表示を下記の手順で編集します。利用時は画面の見やすいPCやタブレット環境でご利用ください。

(2)表示タイプを(0:地図 1:ストリートビュー 2:両方)の中から半角数字 0・1・2 を入力します。

(3)表示タイプで(1:ストリートビュー 2:両方)のどちらかを入力した場合、ストリートビュー画面の縦サイズを半角数字で入力します。入力が無い場合はストリートビューが表示されません。ストリートビュー画面の横サイズは地図SIZEの横と共通になります。
表示タイプで(0:地図)を入力した時は縦サイズを0のままにします。

(4)埋め込む地図のサイズを半角数字で入力します。地図タイプ(1:ストリートビュー)を入力した時は地図SIZEの縦を0にします。横サイズはレスポンシブ(自動可変)などの設定にしたい場合は100%のように数字の後に%を一緒に入力します。

(5)地図タイプを(0:地図 1:航空写真 2:両方)の半角数字 0・1・2 を入力します。

(6)表示切替を(0:非表示 1:表示)の半角数字 0・1 を入力します。表示切替は(5)で入力した地図タイプを埋め込んだ後に「地図」「航空写真」の切替ができるボタンを表示させる機能になります。

(7)表示Zoomは地図上で表示させたZoomサイズになります。入力ができないので地図の左にある [+][-] で変更してください。

(8)編集項目の入力後に「グーグル地図のプレビュー」をクリックすると別ウィンドウで設定した地図のプレビューが確認できます。埋め込みではなく、メール案内やSNSなどで地図の場所を共有したい時は、地図の上にある「MAP」「写真 MAP」のボタンをご利用ください。
「MAP画像」をクリックすると縦横最大640pxの静止画像がダウンロードできるページが別ウィンドウで開きます。縦横のサイズや地図タイプ(ロードマップ・衛星写真)の設定は編集項目で入力してください。

(9)表示した埋め込み用のソースコードをコピーして、ブログやサイトの埋め込みたい位置にHTML編集で貼り付け、表示確認ができたら完了です。

ストリートビューの埋め込み

地図の埋め込み

地図の埋め込み

(1)埋め込みページのグーグルマップで指定場所を中央に表示させた後、編集項目の地図タイプを(0:地図 1:航空写真 2:両方)の半角数字 0・1・2 を入力します。

(2)表示切替を(0:非表示 1:表示)の半角数字 0・1 を入力します。表示切替は(1)で入力した地図タイプを埋め込んだ後に「地図」「航空写真」の切替ができるボタンを表示させる機能になります。

(3)埋め込む地図のサイズを半角数字で入力します。横サイズをレスポンシブ(自動可変)などの設定にしたい場合は100%のように数字の後に%を一緒に入力します。通常は数字のみでpx幅になります。

(4)表示Zoomは地図上で表示させたZoomサイズになります。入力ができないので地図の左にある [+][-] で変更してください。

(5)編集項目の入力後に「グーグル地図のプレビュー」をクリックすると別ウィンドウで設定した地図のプレビューが確認できます。
「MAP画像」をクリックすると縦横最大640pxの静止画像がダウンロードできるページが別ウィンドウで開きます。縦横のサイズや地図タイプ(ロードマップ・衛星写真)の設定は編集項目で入力してください。

(6)表示した埋め込み用のソースコードをコピーして、ブログやサイトの埋め込みたい位置にHTML編集で貼り付け、表示確認ができたら完了です。

グーグル地図の埋め込み カラー編集地図

【注意・免責事項】

※<iframe>タグ使用不可のWEBサイト、ブログではご利用できません。
※貼り付けタグ内の一部のソース変更、改変は禁止します。
※利用時にはJavascriptを有効にしてご利用ください。
※商用利用はご遠慮ください。
※グーグルマップの表示や登録に関する問題は、GoogleMapに直接、お問い合わせください。
※グーグル地図を使用して発生した問題については一切の責任を負いません。

  • キャッチコピー集めました。
  • 動画まとめGlucklich
  • Webデザイン集 mezza9
  • フォトぎゃらりー